共観福音書が語る ユダヤ人イエス

SBK-144 [ISBN978-4-89586-160-1]
2,200円(税200円)

DETAIL

 共観福音書が語る ユダヤ人イエス
 共観福音書研究エルサレム学派 〔編著〕
 有馬七郎/河合一充 〔訳〕

福音書をユダヤの視点で読み直すとき、そこに描かれているのは紀元1世紀のイスラエル――ユダヤ社会の中に生きるユダヤ人イエスの姿である。難解な内容をヘブライ語に訳し戻すと、明快な力強さで甦る。

好評をいただき、再版希望が多数寄せられていた名著『イエス時代の背景』『主の祈りのユダヤ的背景』『イエスはヘブライ語を話したか』から主要部分を再編集し、新たな記事を付加した。

キリスト教徒とユダヤ教徒の学者が共同して共観福音書(マタイ、マルコ、ルカ)を研究する「共観福音書研究エルサレム学派」の研究成果。

――目次――

編者まえがき
著者紹介

機悒襯による福音書』のユダヤ的背景 S.サフライ
 1章 アビヤ組の祭司
 2章 ザカリアの名誉な務め
 3章 ナジル人ヨハネ
 4章 洗礼者ヨハネの命名
 5章 神殿における女性の役割
 6章 イエス時代の巡礼
 7章 会堂と安息日
 8章 百人隊長と会堂
 9章 本当に安息日を破ったのか?
 10章 師と弟子

供惻腓竜Г蝓戮離罐瀬篥背景 B.ヤング
  序 「弟子たち」の祈り
 1章 天の父
 2章 聖ということ
 3章 イエスの御国
 4章 みこころ
 5章 日ごとのパン
 6章 負 債
 7章 試 み

 イエスはヘブライ語を話した D.ビヴィン/R.ブリザート
  はじめに
 1章 アラム語・ギリシア語説の検討
 2章 言語学上の最近の研究からヘブライ語説
 3章 聖書外資料からの証言
 4章 福音書テキスト自体からの証言
 5章 原ヘブライ語福音書テキストの復元
 6章 誤訳による神学上の誤り

 ヘブライ語から聖書理解を D.ビヴィン 
 1章 「神の国」の意味
 2章 言葉の文化的背景の違い――「きつね」の例
 3章 「天国の鍵」は何か
 4章 ファリサイ派とイエス
 5章 イエスの宮潔め
 6章 耳に置く
 7章 「顔」を含むヘブライ語表現
 8章 平安の子

 共観福音書の忘れられた重要問題 R.リンジー
 1章 マルコによる福音書の優先説を問う
 2章 「福音」というキーワードから分かること

  解説 エルサレム学派のアプローチ
  用語解説
  資料索引
  訳者あとがき

〔著者紹介〕
シュムエル・サフライ(Shmuel Safrai)
1919年ポーランド・ワルシャワ出身。3歳のとき家族と共にイスラエルに移住。20歳のときメルカズ・ハラヴ・イェシバーでラビに叙階。その後ヘブライ大学にてユダヤ史・タルムード・聖書の分野で博士号取得。エルサレムのヘブライ大学教授。第二神殿時代・ミシュナー・タルムード時代ユダヤ史専門。1986年エルサレム賞、2002年イスラエル賞受賞。2003年逝去。
著書
『ユダヤ民族史2(古代篇供法戞箆散十佝粘)
『総説・ユダヤ人の歴史』(新地書房刊)他。

ブラッド・ヤング(Brad Young)
1955年米国オクラホマ出身。エルサレム学派の創立者の一人。米国オーラル・ロバーツ大学神学部大学院ユダヤ・キリスト教研究の準教授。エルサレムのヘブライ大学でD.フルッサル教授の下で博士号取得。初代教会と古代ユダヤ教を専攻、共観福音書やラビ文献のたとえ話の研究。
著書
『Jesus and His Jewish Parables』他。

ダヴィッド・ビヴィン(David Bivin)
1939年米国オクラホマ出身。「エルサレム・パースペクティヴ」誌の発行人・編集主幹。一九六三年イスラエルに移住。R.リンジー博士の最初の弟子。フルッサル教授、サフライ教授に学ぶ。
著書
『New Light on the Difficult Words of Jesus』他。

ロイ・ブリザート(Roy Blizzard)
米国ミズーリ出身、テキサス大学中東研究センター準教授。ヘブライ語、聖書の歴史、聖書考古学を教える。イスラエルのテル・カシレ他、中東の各地で考古学発掘に従事。テレビ放送、講演会等にも活躍。
著書
『Mishnah and the Words of Jesus』他。

ロバート・リンジー(Robert Lindsey)
1917年米国オクラホマ出身。エルサレム学派の創立者の一人。エルサレムのナルキス・ストリート・バプテスト教会の牧師を長く務める。南部バプテスト神学校で博士号取得。共観福音書に関する研究の第一人者で、エルサレム学派の創立に貢献する。1995年逝去。
著書
『Jesus, Rabbi and Lord: The Hebrew Story of Jesus Behind Our Gospels』他。

〔訳者紹介〕
有馬七郎(ありま しちろう)
1930年東京生まれ。1954年明治学院大学英文科卒業。翻訳家。
著書
『変革・変身への挑戦』(西田書店)
訳書
『聖書の人間像』(ミルトス)
『福音書とユダヤ教』(ミルトス)
『思い出のオーウェル』(晶文社)
『黄金の小冊子・真のキリスト教的生活』(創英社/三省堂書店)他。

河合一充(かわい かずみつ)
1941年愛知県生まれ。ミルトス編集代表。1965年東京大学理学部卒業。1967年同大学院修了。
著書
『イスラエル建国の歴史物語』(ミルトス)
『日本とユダヤ その友好の歴史』(ミルトス ベン・アミー・シロニー共著)
『ユダヤ人イエスの福音』(ミルトス)
『出エジプト記の世界』(ミルトス)
訳書
『タルムードの世界』(ミルトス)
『ユダヤ人の歴史』(ミルトス)
『死海文書の研究』(ミルトス)
『評伝マルティン・ブーバー』(ミルトス)他。

RECOMMENDED ITEM

  • SOLD OUT
    ハガダー(過越し祭の式次第)のヘブライ語原文に加えて、英語・日本語訳が付いた世界で唯一の作品です。
  • 2,200円(税200円)
    出エジプトはユダヤ民族最高の体験! ブランダイス大学聖書学教授ナフム・サルナの名著『エクソダスの探求』をベースに聖書の不朽の物語に新しい光を当てる