イスラエルとユダヤ人に関するノート

SBK-137 [ISBN978-4-89586-045-1]
2,200円(税200円)

DETAIL

 イスラエルとユダヤ人に関するノート
 佐藤 優 〔著〕



 同志社大学神学部出身で元外務省主任分析官・作家の佐藤優氏は、日本の行く末を案じて中東と世界情勢を分析するとき、日本人にイスラエルとユダヤ人への正しい理解が、今こそ不可欠だと説く。

 本書で私(佐藤)は、イスラエルとユダヤ人から学んだ事柄を記した。イスラエル人の愛国心、さらにそれを支える神理解から、日本国家と日本人が生き残るための知恵を学ぶことが、私が本書を著した目的である。(「まえがき」より)

――目次――

   まえがき

機〇笋肇ぅ好薀┘襪砲弔い討両併.痢璽

 1話 なぜ私はイスラエルが好きか
 2話 旧約聖書の再発見とヨムキプール戦争の教訓
 3話 獄中の私を支えてくれたイスラエルの友人たち

供.蹈轡△肇ぅ好薀┘襪旅融.痢璽

 4話 モスクワのオランダ大使館領事部
 5話 ナティーブの対ソ秘密工作
 6話 ロシア・グルジア戦争を分析するイスラエル専門家の視点の重要性
 7話 プーチン露大統領のイスラエル訪問の意義
 8話 イスラエル外交に働く目に見えない力
 9話 シャロン元首相とロシア

掘‘本とイスラエルの考察ノート

 10話 『スギハラ・ダラー』から杉原千畝を読み解く
 11話 東日本大震災をどう考えるか
 12話 福島第一原発事故に関するあるイスラエル人との会話
 13話 F35問題をめぐる武器輸出三原則の解釈がイスラエルに与える影響
 14話 国家安全保障会議(日本版NSC)とイスラエル・ハイテク産業
 15話 画期的な日本・イスラエル共同声明

検.ぅ薀鵝▲轡螢◆∨鳴鮮の考察ノート

 16話 中立国と情報工作
 17話 イラン危機と日本
 18話 イスラエルとイランの関係をどう見るか
 19話 イランと「国交断絶」したカナダに学べ
 20話 孫崎亨・元外務省国際情報局長のイラン観について
 21話 北朝鮮によるシリアの核開発支援にイスラエルはどう対処
 22話 シリア情勢を巡る日本の独自外交

后.リスト教神学生への手紙

 23話 ある神学生への手紙――『トーラーの名において』の評価
 24話 あるキリスト教神学生からのメール――ユダヤ民族の否定について
 25話 反ユダヤ主義の歴史について1
 26話 反ユダヤ主義の歴史について2
 27話 キリスト教とイスラエル――『キリストの火に』を読む
 28話 ホロコースト生き残りの証言

   あとがき

佐藤 優(さとう まさる)
作家。1960年、東京都生まれ。83年同志社大学神学部卒、85年同大学大学院神学研究科博士課程前期修了後、外務省入省。1995年まで在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、外務本省国際情報局分析第一課に勤務。主任分析官として活躍したが、2002年5月、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕され、東京拘置所に512日間勾留される。2009年6月、最高裁により上告棄却、執行猶予付き有罪が確定し、外務省の職を失う。釈放中から精力的な執筆活動に取り組む。
著書
『国家の罠』(新潮文庫 第59回毎日出版文化賞特別賞)
『自壊する帝国』(新潮文庫 第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞)
『獄中記』(岩波現代文庫)
『甦る怪物 私のマルクス』(文藝春秋)
『外務省に告ぐ』(新潮文庫)
『新帝国主義の時代』(中央公論新社)
『宗教改革の物語』(角川書店)など多数。

RECOMMENDED ITEM

  • 1,870円(税170円)
    旧約聖書を原文で読むためのポイントをわかりやすく、凝縮して解説。対訳シリーズを読む手引き書としてもお使いいただけます。
  • 3,600円(税327円)
    隔月刊雑誌「ミルトス」――現在も将来も人類文明に大影響を与える「イスラエル・ユダヤ・中東・聖書」がわかる日本唯一の雑誌です。